探偵

愛人
 私みたいに女だてらに個人で探偵をやっていると時々不都合のあることがあります。例えば、張り込みなどで一人でいるより男性といた方が怪しまれない場合などが結構ある。そうした場合、私はあとくされのない協力者を確保するため、出会い系サイトを利用するのです。勿論、協力の謝礼は支払いますよ。

 これはつい最近の話で、浮気調査の時のこと。ある調査対象(クライアントの夫)が愛人とラブホテルに入ってゆくところを写真に収めたのですが、
「中での出来事が証拠として欲しい」
 と言われて困り果てました。

 その時、丁度出会い系サイトで「何かの調査があれば協力してもよい」という返事をくれた男性がいましたので、彼を使うことにしました。
 調査対象が愛人と会う日、私と協力者の男性で彼らの後をつけます。そしてラブホテルに入る段になった折、丁度後ろに控えている客のふりをして部屋の番号を確認し、我々はその隣の部屋に入るのです。
 隣の部屋からどうやって調査対象の動向と掴むかは企業秘密です。が、仕事中に、協力者の男が常にこんな風に喋りかけて気が散ります。

「サイトでは無愛想な感じだったけど、直接見てみるととっても綺麗な人でビックリしたよ」

 とか、

「俺、風呂入ってくるけど、キミはどうする?」

 とか囁いてくる。

 私は私で、秘密の手法で隣の部屋の情事の音声を聞いていたから、どうしてもそういう気分になってきてしまいます。

「もう、止めてください」

 彼が私の首筋にキスをしました。

「ここまで来ておいてそれはないだろう」

 なるほど、一理あるかもしれない……と思った瞬間に唇を奪われました。少し強引でしたけれど、意外にもこの日のそれはとても気持ちのよいセックスでした。
 あ、もちろん仕事も完遂しましたよ。
初体験
処女 捨てたい